タンペレの手芸メッセ

 

おそらくフィンランドで最大のメッセはヘルシンキではなくて、タンペレで11月中旬に開かれるものだと思う。ヘルシンキから車で2時間の距離なので、まあ、いけないことはない。
今回私が行った17日土曜日は、クリスマスボールのアルネとカルロスがゲストで来ていた。その時に司会の人が、100台以上のバスがツアーできているとか。それ以外に自家用車組と公共交通を使っている人もいるし。相当な数の手芸好きが集まるものである。3日間の通し券も出るくらいの大きなメッセである。

ということで、ついつい買っちゃったもの。

 

 

image

緑の毛糸は、私が大好きなVuorelmaの糸である。お店で面白い編み方をしていたので、編み方の紙はいくらと聞いたら毛糸がもれなく付いてくるとのことで買ってみた。
水色の本は、75のなんとかのシリーズ海編。今年初めに閉店したヘルシンキの趣味の本屋さんが1冊どれでも10ユーロで販売していたので。
輪針はアフガンフックの付いた輪針。中国製とか。

image

フェルトで作る鳥さん。見本はふくろうがとっても可愛かったのだけど、やっぱり売り切れていた。

image

クリスマスボールを作る糸セット。ひとつのセットで4つ作れるらしい。他にもいろんな色があったよ。

image
フィンランドの手袋(左)とか靴下(右)を集めた本。

image

最後にtaito-pirkanmaaのお店の紙袋。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中