レースニッティングのクラス 1日目

市民講座でレースニッティングのコースが始まった。今まで習ったことのない講師なので、ワクワクした。 この先生、よくしゃべる。そして、糸を色々もってる。
ご本人もニッターというより、糸コレクターなのよと言っていた。Suutarin lapsella ei ole kenkiä(靴屋の子供の靴なし)なのよ、とか。 って私もこのことわざのちゃんとした意味はわからない。

最初に授業計画とそれにあった糸はこれだと思うといろいろ見せてくれた。ちょっとピントが合ってないね。
image

今日は、フィンランド語でriikinkukko pitsi、孔雀のレースである。英語でなんていうレースなのか聞くのを忘れたので、また次回。
image

これでは短すぎるので、もうちょっと編んだらもう一度写真をしようっと。

市民講座で4人ほど編み物の先生にあったけど、それぞれの先生に良く似た性格の生徒さんが付いてるなーと思ったのだった。。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中