2016年後半~2017年1月作ったもの(2)

今回は、かぎ針編み。


上の二つは、MANDALA。これって、ドイリーを太目の色糸で編んだだけだよねって編みながら思った。
ウェルネスな編み物とかで、mandalaとかzenとかいう言葉を添えて、英語圏とフィンランドでよく目にした。英語圏のかぎ針編みブログをさまようと色々面白いmandalaが見られる。ブロガーの色の使い方がそれぞれ違ってて楽しいよ。
左の糸は…ああ、メモってない! 右の糸は、Schachenmayr社のCataniaである。
そして、紫の籠は、zpagettiで編んでみた。口が大きく開いていて、編みかけを入れられるものがほしかった。布の袋に入れて、椅子に吊るしておくのが常だったのだけど、そうしておくと、袋の中に入ったままうっかり編み忘れるのが多い。 目につかないものは忘れていく…

こちらは、ハーフミトンとネックウォーマー。
dsc_1463.jpg
編んでるところを全くアップしてない。もともとは、Järvenpää市の毛糸やさん
Lentävä Lapanen / Flying Mittenで売られていたキットである。編み始めたのは3年ほど前かも。ちなみにデザインは、モラ・ミルズさんだよ。
オリジナルのデザインは成人男性用だったので、小さく編んでみた。インベーダーが3匹を、写真の通り2匹にした。糸が大量に余ったので、ネックウォーマーも編んだ。
糸 MillaMia Naturally Soft Merino

去年のクリスマスにもこのブログに上げた写真にもあったレース編み。

dsc_1622.jpg

雪の結晶は、Caitlin Sainioさんのデザイン。
小さいほうは、

から。
大きいのは、

から。
右にあるボールは、Pitsipallon ohje(レースのボールの編み方)より。フィンランド語だよ。

円形のモチーフを二つ編んでつなげて、そのあと、風船を入れて膨らませ木工用ボンド等で固めて、完全に乾いたら風船を割るとできる。

10月ぐらいから手が痛くなってきたので、このレースのボールが量産できなかったのが残念。
レースボールを教えてくれた友人は、職場で大量に同僚が編んで飾ってたとか。とても綺麗だったと言っていた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中