ヴェーラのショール再起動

去年、ショールのワークショップに行ってきた。
講師はヴェーラ・ヴァリマキさん。2014年にショールの本をフィンランドで出版しているので彼女のワークショップには興味があった。
頭のいい親切な人だった。
ワークショップはいろいろなショールの構造についてというものだった。そのあと自分で好きなようにショールをデザインするのだが…やはりうまくできなかった。
DSC_2135

なんだか気に入らないのである。

ヴェーラのショール再起動 の続きを読む

広告

ラインストーンでお絵かき 2

ちまちまと続けている。夜中にひっそりとやっていると、なんだか内職をしている気分である。
DSC_2133
作業中は、点でしか把握してないのだが、こうやって写真を撮ってみるとざっと全体をまとめてみることができ、絵が浮かび上がってくる。
 この絵が仕上がったら次のをするかは未定。私好みの絵がないのよね。

 イースターにエストニアの手芸メッセで他社のラインストーン手芸があった。そちらも絵がなんとなく好みじゃなかった。

テキスタイルの教科書

たまにはうっかり買った本の紹介。


リサイクルショップに行くと時々昔の教科書に出くわす。

フィンランドの家庭科の位置づけをあまり把握してないのだが、ほかにも持っている古い教科書を見てみると、布や糸を扱う分野が家庭科のメインのように思える。調理はまた違うのかな。編み物は”糸仕事”というジャンルに分類されており、別の教科書になっている。
右の写真が示すようにこの本は7年生から9年生つまり中1から中3までの本である。奥付を見ると1985年刊。

テキスタイルの教科書 の続きを読む

触れて染める その1

市民講座で3月の下旬から、染色のコースが始まった。
染色のコースもいろいろあるのだけど、今回は…これは日本語でなんという染め方なんだろう。
検索しても見つけきらなかった。草木染には間違いないのだけど。エコプリント染色??
布とか糸を染液で染めるのでなくて、色素を持つ素材を直接接触させる方法を今回学んだ。

最初は、毛糸はミョウバンで媒染をした。シルクの布は、豆乳で媒染をした。

触れて染める その1 の続きを読む

ラインストーンでお絵かき

3月上旬にあった手芸メッセでみつけた新しい手芸を早速ためしてみることにした。
販売会社はAskartelumaa(手芸ランド URL:http://www.askartelumaa.fi/)という初めて見る会社だった。

DSC_2007

サイトを見ると、timanttiつまりダイヤモンドを貼っていくと説明がある。本物のダイヤではなくてラインストーンになるのかな。
台紙を見ると簡体文字の中国語が書かれている。確かにサイトの商品一覧もアジアっぽいデザインが多い。
台紙のラインストーンの貼り付ける部分は接着剤が付いているので、透明シートで覆われている。このシートをはがして作業する。

ラインストーンでお絵かき の続きを読む