そしてマフラーはどうなったかというと

1月からちょこちょこ編んでいたマフラーは編み進むにつれてなんだかなあという編み地になってきた。

両面縄編みの特性とはいえ、分厚いのである。分厚い編み地を半分に折るとさらに分厚い。持ち運びも大変なのではと思い始めた。
GWに遊びに来てくれた友達に見せても、これは分厚いというコメントをいただいたので、途中からガーター編みをしてみたが、なんとなく納得がいかない。

依頼してくれた人の許可を得て、編み地を変更することにした。

3か月以上の時間が水泡に帰してしまったが、使いにくいものを編んで使ってもらえない可能性があるほうが悲しい。

これでは編み地が見えにくいなあ。
ちょっとレースっぽいのよ。編み地の触った感じも、軽くて空気を含んで暖かい感じになった。
ちょいちょい編み進めようっと。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中