歴史のお勉強

学校で勉強しておけばよかったということの一つが世界史である。地理との選択だったので、地理にしちゃったのよ。
遺跡を見に行っても、これは結局日本語で何時代なんだと思うことも多い。今からでも遅くないから世界史の本でも読まないとね。
ガイドブックにも載っているセウラサーリ野外博物館がある島の隣にPUKKISAARIという小さな小さな島があり、そこには鉄器時代の交易所がある。そして9月8日は、お祭りがあった。

島へは橋のかわりに、これ。

しばらく歩くと、島にたどりつき、

こんな風に市が立っていた。鉄器時代~ヴァイキング時代の服の人と、現代人の服装の人が混在していておもしろい。

お芝居とかも

草木染のコーナー

ドミノ編みのセーターもかわいい。糸は草木染。

左は、実は染めた糸のサンプラー。リリアンで編んでて、タグがついている。右は、日光でする染色。これって、日本でやったら腐敗がすごそうだなあ。糸と染めるための天然素材を瓶に入れて1か月日向に放置するのよ。

靴を作る女性

カード織りのベルト。右の細いのだけじゃなくて、左の幅の広いのもカード織り。修繕のあとも素敵

この入れ物のふたの部分とか、蓋のエッジング部分が分かった人はすごい。魚の皮なのよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中