mihoko lankala のすべての投稿

ランカラみほこです。時々手芸雑誌に記事を書いたりもしています。 フィンランド在住です。

歴史のお勉強

学校で勉強しておけばよかったということの一つが世界史である。地理との選択だったので、地理にしちゃったのよ。
遺跡を見に行っても、これは結局日本語で何時代なんだと思うことも多い。今からでも遅くないから世界史の本でも読まないとね。
ガイドブックにも載っているセウラサーリ野外博物館がある島の隣にPUKKISAARIという小さな小さな島があり、そこには鉄器時代の交易所がある。そして9月8日は、お祭りがあった。

歴史のお勉強 の続きを読む
広告

偶然の色

ソックヤーンでやってみたかったことを試す機会ができたので試してみることに。

持ち運び用にガーッと編めるものが欲しかったし、どんな感じになるか試してみたい技法だったもの。
とりあえず、マルティナさんの腹巻き帽子でやってみよ😋

偶然の色 の続きを読む

来年の夏の帽子

一時帰国中に録画でみることができたすてきにハンドメイド
どうしても見るのは編み物か刺繍になってしまう。
その中でも気になったのは、神戸秋弘先生の夏帽子。形もいいし、形をしっかりさせるためのテクニックも素敵~と思ってしまい編むことに。
糸がすぐに手に入らないので、手持ちの糸と近所の手芸店で手に入れた糸の引きそろえで編んだよ。

糸が違うと雰囲気がやっぱりかわるなあ。
ということで、この糸!
  パピヨン コットン
  ALMINA 8/4
の引きそろえ。二つともフニャフニャしてるので、やっぱりフニャフニャな感じになった!
かぎ針は10/0号で、ちょっと手首が大変でしたよ。

ヘルシンキはもう秋の気配。葉っぱも色づいてきて、なんとなく夏の装いがしづらいので、この帽子は来年の夏までお預け。

トランクセール その5

またREGIAのアルネとカルロスの糸が来るか思いきや、今回はフィンランドの糸です。teeteeという毛糸ブランドのPALLASというリーズです。靴下が編めますよ。ちょっと糸が太めなので、室内ではくお部屋靴下にピッタリかもと思います。

1玉が50グラムなので、2玉ずつそろえてみました。
編むと縞々の靴下ができます。

仕様(1玉)
50g / 130m
編み針 3-3,5 mm
wool 80% ポリアミド20%
ゲージ 24-26目

お値段 2玉で1000円 送料別(日本国内での発送)

ご相談に乗ります。
mihoko.lankala(at)gmail.comにご連絡ください。2,3日中にお返事したいと思います。もし、来ない場合は、もしかしたらgmailが悪さしてる場合がありますので、ここに鍵付きコメントでよろしくお願いします。
また、日本に持ち帰っての国内発送のため、スーツケースで運びます。糸の乱れやラベルの破損が気になる方はご遠慮してね
フィンランドのお日様の下で撮影しているため、日本でみるときと色が違う可能性があります。ご了承ください。

トランクセール その4

これもまた、ご存じアルネとカルロスがデザインした靴下糸です。しつこく持ってます(笑) 

大人用なので両足編んでも糸の量も十分あるよー。

ラベルのところに、編み地がちらりとみえますが、色違いの写真ですね。
色が気に入って買ったものです。でも、思い切って手放します。

トランクセール その4 の続きを読む

トランクセール その3

これもまた、ご存じアルネとカルロスがデザインした靴下糸です。

pairfectというシリーズです。パーフェクトではなくて、ペアフェクト!黄色い糸は、編み糸じゃなくて、編み出す部分の目印です。つまり、同じ色から編み始められるわけです。さすがドイツの糸です。

大人用なので糸の量も十分あるよー。

表向きは紫ですが段染め糸です。

ラベルのところに、編み地がちらりとみえます。

黄色い糸の使い方は、動画みてね。
https://youtu.be/T7k9IQVw3t0

仕様
重さ  100g
編み針 2-3 mm
wool 75% ポリアミド25%
ゲージ 30目x42段
その他
スーパーウォッシュ 4ply

お値段 1900円 送料別(日本国内での発送)

ご相談に乗ります。
mihoko.lankala(at)gmail.comにご連絡ください。2,3日中にお返事したいと思います。もし、来ない場合は、もしかしたらgmailが悪さしてる場合がありますので、ここに鍵付きコメントでよろしくお願いします。
また、日本に持ち帰っての国内発送のため、スーツケースで運びます。糸の乱れやラベルの破損が気になる方はご遠慮してね
フィンランドのお日様の下で撮影しているため、日本でみるときと色が違う可能性があります。ご了承ください。

そしてマフラーはどうなったかというと

1月からちょこちょこ編んでいたマフラーは編み進むにつれてなんだかなあという編み地になってきた。

両面縄編みの特性とはいえ、分厚いのである。分厚い編み地を半分に折るとさらに分厚い。持ち運びも大変なのではと思い始めた。
GWに遊びに来てくれた友達に見せても、これは分厚いというコメントをいただいたので、途中からガーター編みをしてみたが、なんとなく納得がいかない。

そしてマフラーはどうなったかというと の続きを読む