カテゴリー別アーカイブ: 旅

タンペレの手芸メッセ2018

今年はタンペレの手芸メッセも行くことに。フィンランド最大級ではなくて、まさしく一番最大な手芸メッセなのだ。 ここが盛り上がったおかげでヘルシンキの秋の手芸関係のメッセはなくなってしまった(たぶん)。
途中のドライブインで毛糸がこんなふうに売られていて、一人で盛り上がる私。

タンペレの手芸メッセ2018 の続きを読む

広告

ハメーンリンナの中世時代市

秋も終わろうとしているのに今年の夏の話をば。
夏には、フィンランドやその周辺地域でも青空市をやっているが、中世やバイキング時代の衣装を着て、週末マーケットをやっているのもよく見かける。

8月中旬はヘルシンキから車で1時間ぐらいでいけるハメーンリンナの中世時代市が開催される。場所はハメ城の城下だ。 dsc_299543719341.jpg

ハメーンリンナの中世時代市 の続きを読む

ヴェーラのショール、思ったより大きいようだ

6月10日は、wwkip(URL:https://www.wwkipday.com/)つまりworld wide knit in publicつまりお外で編み物する日というのが世界的に催されたらしい。”らしい”と書いたのは、私は参加してないので実際はどんなのだったのかよくわからないためだ。
サイトを見ると面白そうな催し物がヘルシンキでもあったようだ。
私はそのころ海の上だった。wp-image-1565499653

ヴェーラのショール、思ったより大きいようだ の続きを読む

エストニアの手芸メッセ 買っちゃったもの編

買いすぎてはいけないと思いつつ、なかなか来れないとなると、つい買ってしまうものである。ヘルシンキでのエストニアマーケットとかなり出店者も違う。
行ってよかった、来てよかった!というところだ。
800_IMG_2340

あと、タリンの中心地に、日本人によるラーメン屋さんもできたということで、ラーメン屋のないヘルシンキに住む私としては羨ましい限りである。おいしかったのよ。

エストニアの手芸メッセ 買っちゃったもの編 の続きを読む

エストニアの手芸メッセ その2

さて、続き。
800_IMG_2308

売られているものはもちろんニットだけではなく、ビーズアクセサリーやガラス細工、木彫りのものもあったり。
刺繍製品はもちろん、デザイナーによる服も売られていた。
私は、セトレースの研究者かつデザイナーのウルベ・カングロさんに会えたので、本を買ってサインもしてもらった。
セトレースをデコレーションに使った服を作っている。かわいいのよね。
彼女のサイトはコチラ http://www.ulvekangro.ee/
今なら、手芸メッセの写真がトップに来ているね。

エストニアの手芸メッセ その2 の続きを読む