カテゴリー別アーカイブ: 編み物

あの人にあってきた

ヘルシンキ最大の売り場面積を誇る毛糸ショップLankamaailmaにモラ・ミルズさんが降臨すると聞いて、いそいそとお店に。毛糸だまさんでも確か記事が載ったことがあるはずなので、彼女を知っている方は多いかな。
要は彼女の新刊であるVirkkuri5の作品を携えてのワークショップである。本はまだらしい。作品の実物はかわいかった!
今回のワークショップのために彼女がデザインした作品を編むというので、私も何となく参加してみた。
その様子が実はfacebookのlankamaailmaに動画であるので検索してください。挙動不審なアジア人が私。

新刊のためのキャンペーンなので遠慮して写真は撮らなかった。

時間切れになってしまい、泣く泣く帰宅した。この写真じゃ、何を編んでるのかちっともわかりませんな。
rps20180904_185842_5815029836077650829451.jpg

モラさんの編むスピードが速かった。速すぎ!と言ったら、「これで食ってるんだから当たり前よ」とのこと。ほんとにそう思う。

彼女のサイトは、http://mollamills.com/

広告

大人のおくるみ(1)

らべりを見ると編み始めたのは2014年だった。夏しか編まないのであまりにもすすんでいない。今年の初めに、仕掛中を減らすと決めたので、一時帰国終了と同時に再開した。島めぐりをしている間に編めるかと思ったら、スマホとタブレットで遊びすぎて左手を痛めたので、思うように進まなかった。

dsc_05048842086446612896092.jpg

サイズ比較のために、文庫本を置いてみた。島めぐり終了時点でこの大きさ…トホホ。
タイトルにもあるように、私の全身をすっぽり覆えるぐらいの大きさにする予定である。この時点でも時々体に巻き付けると安心したりする。

dsc_02824482908617542502597.jpg

島めぐり前はこんなの。
あんまり編めていないのがよくわかる。

dsc_02837078358086477535470.jpg
糸の入った籠。

金木犀のチュニック

春分の日も過ぎたので、またブログ再開。

去年編みあがって、なかなかアップをしなかったチュニックを今頃アップしてみる。

糸は、
Sandnes Garn社のAlpakka Strømpegarn
残念ながらもう製造終了していた…。

写真を見て今更ながらアイロンの当て方が下手だと思う。
次回への課題だね。あと、さっさと編んでしまうのも、課題だわ。

遅れに遅れて

あともうちょい。日曜日にブロッキングが終わった。


前身ごろは…実をいうと後ろ見頃をまずブロッキングしてから、その上にのせてブロッキングした。そのほうが大きさが合ってるかの確認になるかと思って。
水曜日に脇を綴じたりとかしたのに、写真を撮り忘れたので、また次回。
今週末に襟ぐりと袖ぐりを編みたい。できるかなー。

フィンランド-エストニア編み物文化交流

フィンランドとエストニアは、言葉は似ている。編みものも一部似ている。一部と書いたのは、フィンランド西海岸は明らかにスウェーデンの影響を受けているからだ。実際フィンランドの南東部国境のあたりだとエストニアの編み物そして今はなくなってしまった風習も類似している。
編物文化交流というテーマで、ヘルシンキのHELSKYにて10月中はエストニアとフィンランドのニットの展示があった。伝統ニットというより伝統を現代風にという感があった。
dsc_3125390758313.jpg

フィンランド-エストニア編み物文化交流 の続きを読む

10月中旬までの編み物

写真にしてみると、あんまり編んでないなー。何をしていたんだ、私。

まずは、トップから。あとは、組み立てて、襟ぐり袖ぐりを編むだけ。なのに、進まない。

 

フィンランドも寒くなってきたので、急いで帽子を編んでみた。


緑の帽子は、
オレンジの帽子は、
糸が違うとくたっとした感じにならないなー。使用糸はAlize社のBurcumである。

ヴェーラのショール、思ったより大きいようだ

6月10日は、wwkip(URL:https://www.wwkipday.com/)つまりworld wide knit in publicつまりお外で編み物する日というのが世界的に催されたらしい。”らしい”と書いたのは、私は参加してないので実際はどんなのだったのかよくわからないためだ。
サイトを見ると面白そうな催し物がヘルシンキでもあったようだ。
私はそのころ海の上だった。wp-image-1565499653

ヴェーラのショール、思ったより大きいようだ の続きを読む

ヴェーラのショール再起動

去年、ショールのワークショップに行ってきた。
講師はヴェーラ・ヴァリマキさん。2014年にショールの本をフィンランドで出版しているので彼女のワークショップには興味があった。
頭のいい親切な人だった。
ワークショップはいろいろなショールの構造についてというものだった。そのあと自分で好きなようにショールをデザインするのだが…やはりうまくできなかった。
DSC_2135

なんだか気に入らないのである。

ヴェーラのショール再起動 の続きを読む

カービーを編んでみた

img_20170219_122413_757.jpg思い立ってゲームキャラのカービーを編んでみることに。
ネットで検索してみると、カービーの形は基本的には球体に手足が生えたものらしい。
ということは、球を編んで目をつければいいのねと、頭の中にあるイメージで作ったら、こんなことに。

何かが違うのである。

カービーを編んでみた の続きを読む