カテゴリー別アーカイブ: completed

たまごを編んだ

 この数年、春にたまごを編んだ覚えがないような気がする。
 先日の刺繍のコースで、クラスメートがたまごをかぎ針で編んで持ってきていた。もちろん、授業中に教室に飾るためである。
 ヨーロッパではイースターのお祭りがこの週末なので、どこもかしこもたまごや兎、ひよこのデコレーションであふれかえっている。
 たまごに至っては、いろんな飾り付けがある。ビーズやモザイク装飾したものや、絵付けをしたものなど。英語版のてまりの本に、たまごにかがったものもあったしね。
 先ほどのクラスメートは、プラスチックの卵にかぎ針で編みつけていた。いいアイデアじゃないの~。

たまごを編んだ の続きを読む
広告

アラン模様の帽子

一時帰国中に、お散歩がてら京都の北山から一条寺まで歩いた。その時にAVRILさんに立ち寄って、購入したのがアラン模様の帽子のキットである。こういうこてこての帽子って、フィンランドであまり見かけないのよね。フィンランドのニット帽は、シンプル。

続きを読む

金木犀のチュニック

春分の日も過ぎたので、またブログ再開。

去年編みあがって、なかなかアップをしなかったチュニックを今頃アップしてみる。

糸は、
Sandnes Garn社のAlpakka Strømpegarn
残念ながらもう製造終了していた…。

写真を見て今更ながらアイロンの当て方が下手だと思う。
次回への課題だね。あと、さっさと編んでしまうのも、課題だわ。

カービーを編んでみた

img_20170219_122413_757.jpg思い立ってゲームキャラのカービーを編んでみることに。
ネットで検索してみると、カービーの形は基本的には球体に手足が生えたものらしい。
ということは、球を編んで目をつければいいのねと、頭の中にあるイメージで作ったら、こんなことに。

何かが違うのである。

カービーを編んでみた の続きを読む

2016年後半~2017年1月作ったもの(1)

今更ながらの2016年後半に編んだもの。といってもたいしたことはしてない。
例年、2月はバタバタしているので、ブログの更新をし忘れる。やはり2月は逃げる。
まずは棒針編み。

初めて見たときから習得したいと思っていたのが両足同時編みである。
まずは、履き口から編む方法。
20160924_135319.jpg
dsc_1400.jpg
dsc_1403.jpg
作り目の仕方がポイントだなと思った。
この後、つま先から編む方法も覚えたので、完成品だけ。

20170305_124859.jpgフィンランドではゴム編み止めなんてする人はまれで、普通に伏せ止めするのが一般的。
とおもって、やってみたら、やはり履き口がビローンとなってしまった。履くと何ともないよ。

つま先から編むと、ひざ下部分は終わりたいところで終わらせられるという利点がある。

同時に編む方法を習得しておくと、ミトンも袖といった二つ同じもので輪編みすべきものも編むのが楽になるはずである。
また同じテンションで編めるので、片方だけがきついとか、長さが何となく違うということも防げる。

糸はどちらの靴下もGrundlの糸を使用。

2016年後半~2017年1月編んだもののアップはまだまだ続く。

輪っかにまきつけ

リースの土台を編んでみた。
発泡スチロールの輪っかに、平編みした編地を巻きつけ小さく編んだモチーフをつけたものだ。
グーグルで”crochet wreath”の画像検索するとたくさん出てくる。お気に入りはこれ。
Summer Wreath Inspiration

直径10センチの輪っかに試してみた。
20160521_002241.jpg

輪っかにまきつけ の続きを読む