カテゴリー別アーカイブ: 重箱の隅

トランクセール その3

これもまた、ご存じアルネとカルロスがデザインした靴下糸です。

pairfectというシリーズです。パーフェクトではなくて、ペアフェクト!黄色い糸は、編み糸じゃなくて、編み出す部分の目印です。つまり、同じ色から編み始められるわけです。さすがドイツの糸です。

大人用なので糸の量も十分あるよー。

表向きは紫ですが段染め糸です。

ラベルのところに、編み地がちらりとみえます。

黄色い糸の使い方は、動画みてね。
https://youtu.be/T7k9IQVw3t0

仕様
重さ  100g
編み針 2-3 mm
wool 75% ポリアミド25%
ゲージ 30目x42段
その他
スーパーウォッシュ 4ply

お値段 1900円 送料別(日本国内での発送)

ご相談に乗ります。
mihoko.lankala(at)gmail.comにご連絡ください。2,3日中にお返事したいと思います。もし、来ない場合は、もしかしたらgmailが悪さしてる場合がありますので、ここに鍵付きコメントでよろしくお願いします。
また、日本に持ち帰っての国内発送のため、スーツケースで運びます。糸の乱れやラベルの破損が気になる方はご遠慮してね
フィンランドのお日様の下で撮影しているため、日本でみるときと色が違う可能性があります。ご了承ください。

広告

そしてマフラーはどうなったかというと

1月からちょこちょこ編んでいたマフラーは編み進むにつれてなんだかなあという編み地になってきた。

両面縄編みの特性とはいえ、分厚いのである。分厚い編み地を半分に折るとさらに分厚い。持ち運びも大変なのではと思い始めた。
GWに遊びに来てくれた友達に見せても、これは分厚いというコメントをいただいたので、途中からガーター編みをしてみたが、なんとなく納得がいかない。

そしてマフラーはどうなったかというと の続きを読む

古いカットソーも改造

日本では、ウール製品を補修するダーニングがはやってるみたいだけど、私がフィンランドで面白いなと思ったのは、古くなった服とか着るにはちょっとあれなデザインのものに刺繍とかボタンや布用インクでリメイクすること。私が通っている刺繍の教室は、年金生活の年代が多いものの、そのセンスはいい感じで悪くはない。勝手に写真を撮ってここにのせるわけにもいかないので、ご紹介できないのが残念。

私も今回は別のTシャツに魚のはんこを押したものを、チェーンステッチで着古したカットソーにアップリケすることにした。先生が実はチェーンステッチ好きである。インドとかあのあたりの刺繍におおいよね。細かいチェーンでびっしりと刺しているのが多い。

一匹めはこんな感じに。

古いカットソーも改造 の続きを読む

おしゃれに補修したつもり

Gパンの足の付け根のところが、布が薄くなりとうとう破れた。履き心地が気に入っていたので、修理に出したらこんなことに😵

5分で直せるわと言われたので、まってたら縫い合わせただけだった。金額が安かったので、まさかと思ったんだけどね(笑)

右も左もこんな風に直されてしまったのだが、はいているうちにそこから破けてしまった。今度は自分で補修をしてみた。

おしゃれに補修したつもり の続きを読む

もう冬も終わります

来冬に間に合ったらいいからと頼まれて編んでるマフラーがなんかなかなか終わらない。それも3玉もらって編み出したんだけど、一玉でこの長さならちょっと足りないんじゃない?と思いフィンランドに戻ってから2玉買い足してしまった。いつも世話になってる人なので、それはいいのだけど。

500g分の毛糸を編みきりたい。マフラーの500gって重くない? 使う人の肩が凝らないか心配😟

写真がいまいちで何が何やらわからないだろうけど、リバーシブルの縄編み! 考えた人、やっぱりすごいわ。

物欲が減った?

先週末の3月1日と2日は、ヘルシンキでも久しぶりに手作りメッセがあった。去年の夏までなんと場所を変えたりして大がかりな手作りメッセはヘルシンキだけでも年に4回もあった

秋の手作りメッセがまったくなくなり、今度はいつだろうと思っていたら、春の手作りメッセである。それも、以前はもう一回あったのがもうない。

いそいそと出掛けてみたのだが、なんとなく見て回るだけで帰ってきてしまった。

物欲が減った? の続きを読む

ムーミンの毛糸

 今年になってからかな、ムーミンがらみの毛糸がフィンランド国内で発売された。
私はその時ちょうど日本に帰っていたので、どんな売れ行きなのかなあと思っていたら、売れてるらしい。

 毛糸の話は、また別の機会か取扱店となっているあのお店にお任せするとして、私がスーパーの雑誌コーナーで見つけたのは、その毛糸を使ったニット雑誌である。スーパーの雑誌コーナーだからね! ちなみに、ムーミン毛糸ももしかしたら、スーパーの雑貨コーナーにあるかも。
 
 1冊につき7つずつのデザインが掲載されていて、ほとんどが小物である。



左側の表紙のなかみ。
靴下と帽子と、マフラーと、ミトン! 
この左右が違う靴下がなんともいえない! はいてみたい。

    

下の写真は右の表紙のなかみ。
セーターもあります。
そういえば、なんでムーミンの毛糸をわざわざ色を染めてるんだろう、既存の毛糸から編んでいいのではと思っていた。
ここに載っているクッションを見て、納得がいった。トーベヤンソンの色の世界をちゃんと再現しているので、わざわざムーミンシリーズを出したんだろうなあ。。。

さて、ここでちょっと思ったのだけど、フィンランド語版のこの冊子、欲しい方っていらっしゃるのかな。とりあえず、mihokono1(at)gmail.comにご連絡ください。2,3日中にお返事したいと思います。もし、来ない場合は、もしかしたら、gmailが悪さしてる場合がありますので、ここに鍵付きコメントでよろしくお願いします。

今更の報告

年末から年始にかけて、ワークショップを日本で行ったのでその報告を。
edel knit さんのおかげで色々な方とも出会えて楽しかったの一言に尽きる。
その様子は、edel knitさんのブログにて
これ あれ それ 
にアップされてるので、ご覧ください。手抜きじゃないよ…💦

さて、ワークショップ京都編。
写真を撮ったはずなのに、携帯のアルバムを整理した時に間違って消したみたい…。
場所は、京都の四条烏丸から歩いてちょっといったところの路地町家 有どした。
夏にもここでしたいなあと思ったのだが、祇園祭りで大変なことになってるので、別の場所で企画を考えます!

 

一時帰国中なので売ります。

一時帰国中なので、いろいろ買いすぎた本と少しの毛糸を放出します。

https://mihokotest.wordpress.com
にヤフオクのリンクをはっていきますので、よろしくお願いします。

毛糸は実はたくさんあったのですが、edel knitさんの北堀江の素敵なお店にてのトランクセールで完売しました。今度の夏にもトランクセールを行う予定です。
楽しみに待ってなさいよ!