フットバッグ

フットバッグを編みたくなった。フットバッグというのは、お手玉ぐらいのおおきさの小さな玉である。
私がここで説明するよりはこちらのサイトをどうぞ→日本フットバッグ協会

dsc_0762.jpg

直径約5センチのボールがフットバッグの大きさの目安。編み方が意外となかったりする。球形を編むだけなのにね。自分の手持ちの糸で編むなら結局何段増し目をしていくのかがむつかしい。
上の写真は試作第1号で形が気に入らなかったの途中まで編んで終わり。

フットバッグ の続きを読む

スピンドルの自作

とりあえず何かをやってみたいのに道具がすぐに手に入らないなどの理由で、自作というのを考える。
スピンドルも模型屋さんで小さな円板を買ってきて自作したことがある。そののち、メッセで見つけて買ったりもした。
英語圏のブログで見かける自作スピンドルを私も作ってみた。
dsc_0720.jpg

軸はお箸。
スピンドルの自作 の続きを読む

小さな小さな人へ

先日のフィンランドのニュースで、保育器を使っている未熟児の赤ちゃんに編みぐるみを送るという話が取り上げられていた。形はタコである。
赤ちゃんと編みぐるみの動画
保育器の中でいろいろな管につながれている赤ちゃんが管をつかんで抜いてしまうときもある。それを未然に防ぐためにこの編みぐるみが考え出された。
編みぐるみの名前はturvalonkeroで直訳すると、安全なタコの足…赤ちゃんの物にしては日本語名はかわいくないなあ。

dsc_0707.jpg とりあえず、編んでみた。ネットに載ってる編み方どおりだと、足がクルクルしてないのである。
私が3週間に1回通っている編み物グループでも、ネットの編み方だと足がクルクルしないのよ、でも写真はああなってると悩んでいる人がいた。
写真と編み方は違うって書いておいてほしいと思ったりもしたのであった。
次は、タコらしく赤で。
dsc_0709.jpg

追記 4月22日

フィンランドの編み友kulkukissaさんもブログで取り上げています。編み方の日本語訳もありますので、ご覧ください。

タコが流行ってますね! by kulkukissa

化学染料で糸を染める (3)

前回の緑と黄色の染料で染めたものは、放置すること1週間以上。かせのほうは途中で確認したら、糸にカビが生えるどころか、乾燥しまくっていた。軽くカバーをしただけなのがまずかったのか。
写真を見ての通り、他の箱に移し替えても漏れ出てくる染料すらない。

dsc_0637.jpg

その上、かせの糸から何とも言えないアンモニア臭がしていた。”羊さんのにおいだー♥”なんて思っていたのはあれからくる臭いだったのか。
とりあえず洗わないとね。
化学染料で糸を染める (3) の続きを読む

さてと、何をしましょ。 Then what can I do next?